先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー 柳原 真砂美

現在の仕事内容

編集オペレーターとして、制作会社のディレクターやアシスタントと一緒にテレビ番組などの映像作品を作っています。
ディレクターからの完成作品のイメージをもとに、どうすれば観る人たちに分かりやすくなるのか、
より面白くなるのかを考えながら一つの映像作品を仕上げていきます。テレビ番組は放送直前まで作業を行うことも良くあり、
限られた時間の中でクオリティの高い仕事ができるように日々努力しています。

入社動機

先輩社員インタビュー 柳原 真砂美

何かしら「テレビに関わる仕事」をしたい!とずっと考えていました。

そこで、学生の頃にテレビ番組制作の会社でアルバイトを始めたとき、「映像編集という仕事があるんだ、ということを初めて知りました。

番組制作では、文字通り制作に関わる事を何でもする必要があったのですが、どちらかというと一つの作業に集中する仕事の方が自分の性格には合っていると考え、専門的な仕事ができる映像編集スタジオで働きたいと考えるようになりました。

そうして就職活動を始めたところ、出会ったのが「e-naスタジオでした。

この仕事のやりがい、喜び、苦労など

一緒に仕事をしたお客様から「次も是非あの人にお願いしたい」と指名されることが一番嬉しいです。
自分の仕事が認められたんだ!と実感しましたね。
また、仕事が映像として形に残りますし、テレビ番組はもちろんオンエアされるので、
母親が「見たよ」と言ってくれたことも嬉しかったですね。その分、いい作品を作るために夜遅くまで作業するので、
体力的にキツイ!と思うこともよくあります。

仕事をしていて学んだこと・今後の目標など

映像編集の仕事は技術職なので、自分の技術を向上させるために、怖がらずに先輩や上司の方に
何でも質問していくことは意識してやっています。分からないことがあったり、困ったときにはそのままにしておくと、
あとでまた同じ問題で悩んでしまうので。今後は後輩やアシスタントに気を配ったりできて、
お客様からも信頼されるオペレーターになりたいです!

社内の雰囲気

みんな仲がいいですね。若いスタッフが多く、同世代の人も多いので話がしやすいです。
休みの日でも一緒に遊んだりすることもありますよ。

学生へのアドバイス

編集スタジオでの仕事は、接客業なので、お客様としてやってくる制作のスタッフの方々と
しっかりコミュニケーションが取れる、明るい人に来てもらいたいですね。

先輩社員インタビュー 編集オペレーター(入社8年目) 柳原 真砂美 先輩社員インタビュー MAミキサー(入社8年目) 内山 祐希 先輩社員インタビュー 編集アシスタント(入社5年目) 坂東 翔太